静命漢方堂で耳鳴りを治す?成分・副作用・返金保証まとめ

静命漢方堂で耳鳴りを治す?成分・副作用・返金保証まとめ

静命漢方堂 耳鳴り めまい 自宅治療 漢方薬

静命漢方堂

相手の話が聞きづらくて会話にならなかったり、キーンキーンと鳴る音のせいで眠れなくなってしまったり・・・。
あげく病院で薬を処方してもらってもなかなか治りにくかったりと、耳鳴りは本当に厄介なもの。

このサイトに来られたということは、病院に行ってもなかなか治らない耳鳴り・めまいでお悩みの方、とお見受けします。
さらに、【静命漢方堂】の購入を迷って関連ページをさまよっているうちに当サイトに辿り着いた・・という感じではないでしょうか(^_^;)?

当サイトでは【静命漢方堂】を耳鳴り対策としてオススメしてはおりますが、やはりネックは価格。
割引のある定期コースでも、初回5,980円(税別)2回目以降9,800円(税別)というお値段は決してお安いものではないですよね。

このページでは購入ご検討中のあなたのために、公式販売ページではあまり触れていない、成分・副作用・返金保証の3点についてまとめております。
ぜひ当サイトをお役立て下さいね。

【静命漢方堂】の成分と副作用

 【静命漢方堂】の有効成分は?

静命漢方堂【静命漢方堂】には、4種類の生薬が処方されています。 

 経皮(ケイヒ)停滞しているものを動かし、発散させる作用をもつ。
 茯苓(ブクリョウ)病後の体力増強作用をもち、薬の巡りを良くするとも信じられている。
 甘草(カンゾウ)緊張を緩和させる作用をもつ。
 白朮(ビャクジュツ)水分の代謝異常や消化器系の機能障害などに用いられる。
 
 それぞれの生薬には、単品で耳鳴りを治す効能はありません。
あくまでこの4種の生薬の組み合わせで、あなたの耳鳴りにアプローチするのです。
 
漢方は、様々な生薬を何百年何千年もかけて組み合わせ、効果を調べ、体系化されたもの。
この4種が、漢方の原典とも言える書物にも記載されている処方なのです。
【静命漢方堂】の副作用は?
【静命漢方堂】はあくまで医薬品のため、まれに副作用が出る可能性があります。
 
皮ふの発疹・発赤,かゆみ、尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛。
 
詳しくは【静命漢方堂】の添付文書での確認となりますが、これらの症状が出た場合はすぐに服用を止め、かかりつけ医師などに相談するよう、メーカーの方で案内しています。
 
 副作用が無いと言われる、耳鳴りサプリメントの方が良いような?

 サプリメントを否定するわけではありませんが・・。
当サイトとしては、サプリメントは調子が悪いんだけどはっきり症状が出ていない状態・・例えるなら『病院に行くほどではないんだけど・・・』という場合に摂るもの・・とするべきかと考えています。

冒頭でもお話したような状態、『病院に行って処方された薬を飲んでも治らなかった』というような方や、慢性化して長年苦しんでいるような方については、サプリメントよりも漢方薬をオススメしたいと思います。

 医者の薬よりも漢方の方が効くっていうこと?

 西洋薬と漢方薬は違うもの。一概には比較出来ません。
耳鳴りで病院に行くと、一般的なケースで初期に処方されがちな薬品が、
●副腎皮質ホルモン薬(プレドニン)
●ビタミンB12
の2種類。
これら病院で処方される西洋薬と、【静命漢方堂】のような漢方薬はどう違うのでしょうか?

 西洋薬とは?
西洋薬の特徴を簡単に言うと、単一の成分で出来ていて効果に即効性があるもの。
一つの症状や病気に対して、一つの医薬品が対応し、強い効果があります。
これは、病気の原因が特定出来る場合に、本来の実力が発揮される、ということです。
効果が強く出過ぎて、副作用が現れることもあります。

 漢方薬とは?
漢方薬は西洋薬と異なり、複数の生薬を配合して作られています。
遅効性のものが多く、多彩な症状にマイルドな作用を示す。
病気の原因が特定出来ない慢性的な症状や、全身的な病気の治療などに適しています。

 耳鳴りは西洋薬・漢方薬どっちが良いの?

 症状によりけりですが、優先すべきは西洋薬。
耳鳴りの症状が、明確に治療を求めるレベルなのであれば、まずは病院で診察を受けてみるべきです。
辛い症状を一番はやく治療出来る可能性が高いのが病院であることは、間違いないでしょう。
原因が脳の血栓である可能性だってあるわけですから、安易にサプリ・漢方からスタートするべきではありません。

 私は病院に行っても治りませんでしたけど?

 耳鳴りの治療は原因の特定がとても難しいんです。

 耳鳴りの原因として考えられるのは?
 加齢によるもの
加齢により耳の奥にある「蝸牛」と呼ばれる器官の有毛細胞の働きが衰えたり、壊れたりすることに起因する。
難聴を伴う場合もあるのですが、早期においては耳鳴りだけを自覚するケースも多いそうです。

 生活習慣・ストレスによるもの
喫煙・飲酒・コーヒー・油脂類を多く摂取する生活習慣をお持ちの方、自律神経の乱れを伴うようなストレスを抱えている方は、これらが原因となる場合もあります。

 様々な病気によるもの
メニエール病、突発性難聴、高血圧、糖尿病、他多数の病気。
耳の病気についてはもちろんですが、生活習慣病によって内耳の働きが低下する場合もあります。


耳鳴りは上に挙げた代表的な例以外にも本当に様々な原因があり、その特定が困難になっています。
また、仮に原因が特定出来た後にも厄介な問題が発生する場合があります。

例えばメニエール病
この病気は内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態になることが直接の原因と言われています。
が、なぜ水ぶくれの状態になるのか?そのメカニズムははっきりしておらず、治療方法の選択肢も多岐にわたってしまうのです。

病院に行って診察を受け、処方された薬を飲んだのに症状が治まらない一因と言えるでしょう。

 西洋薬に出来ない漢方薬の役割って?

 原因・病名が不明な時こそ漢方薬の出番。
西洋薬は、様々な検査の結果判明した病気に直接的に治療を施すもの。

対して漢方薬は、あくまでも患者の症状・原因に対してアプローチを行います。
西洋薬と違って時間がかかりますが、患者の免疫機能を高め、体力・気力を改善し、症状の出ない身体作りを行うのです。


なるほど、漢方薬の役割についてはわかりました。
西洋薬で効果が無くても、漢方でチャレンジする意義があることも理解しました。

でも・・、やっぱりネックは値段かな・・・。

だって今の話だと、【静命漢方堂】にしても絶対効く保証があるわけではないんですよね?
それが漢方だと効果が出るまで時間がかかる・・・と言われてしまうとなおさら・・・。

しかも、西洋薬ほどでなくても副作用が出る可能性だってあるんでしょ?


【静命漢方堂】の購入を検討されている方が、最後に悩んでしまうポイントはそこですよね。

せっかく定期コースを契約して継続して飲み続けたにもかかわらず、症状が改善しなかったり、あげくに副作用まで出てしまったり・・・

残念ながらそうなってしまった場合の救済策が、【静命漢方堂】では用意されています。

 

【静命漢方堂】の90日間返金保証

さいごに

私たちは、【静命漢方堂】の販売者ではありません。
ですから、必ずしもあなたに購入を強くお勧めしたりはしません。

もしあなたが『病院に行くほどの』レベルの耳鳴りに悩まされながら、まだ病院に行っていない状態なら、重ねて申し上げますがまずは病院に行くことを勧めます。

しかし病院での治療を行ったにもかかわらず、収まらない症状でお悩みなら、漢方薬も選択肢の一つとして考えてはどうでしょうという提案を、今回はさせて頂きました。

耳鳴りというお悩みを解決するための情報として、役立てて頂ければ幸いです。

思わぬ長い文章になってしまいました。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

↓公式販売ページ↓
◇耳なりに効く漢方薬治療
静命漢方堂

メニュー

運営者情報

トップページ

Copyright© 2018 静命漢方堂で耳鳴りを治す?成分・副作用・返金保証まとめ. All rights reserved.