学資保険に加入するメリットとデメリットとは|子供の教育費

学資保険に加入するメリットとデメリットとは|子供の教育費

学資保険のメリット・デメリットに迫る!

学資保険に加入すると、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

これから長い期間にわたって保険料を払い込む以上、そこがハッキリわからないと決断出来ませんよね。
大切な子供の将来を左右する教育費準備にかかわることなので、重大問題です。

この記事では学資保険が持つメリット・デメリットについてお話します。
ぜひ参考にして下さいね。

学資保険のメリット

最初に、学資保険で得られるメリットから。

1.契約者(親)に万が一の時、保険料の払込が免除される

もし死亡や重い病気などで保険料が払い込めなくなった場合、その後の保険料は免除。

契約時に定めた満期(子供の年齢が18歳など)まで待たなければなりませんが、教育費が予定通り満額給付されます。

定期預金などでは、途中にどんな理由で積み立て出来なくなったとしても、もちろん救済策はありません。

それと比べるとさすがに保険
安心感が違いますよね。

2.毎月強制的に教育費を貯めることが出来る

自力で貯蓄出来る人だって、大勢いると思います。

でも教育費の準備は長期間にわたるもの。
お給料の増減や、臨時の出費などによっては、ついつい自分に甘えたくなる時もあるでしょう。

そんな時に、積み立ての継続が不安な人は、半強制的に引き落とされる学資保険をオススメします。

3.安全に高利率で教育資金が増やせる

積み立てた金額に対して、満期に戻ってくる金額の割合を返戻率(へんれいりつ)と言います。

高いもの(貯蓄型学資保険)だと110%を超えるものもあり、定期預金などよりも高利率で増やせます。

4.学資保険の保険料が生命保険控除を受けられる

これも定期預金などにはないメリットですよね。

年末調整でお金が戻って来るかも!

・・・・以上が主なメリットになります。

この中でも見逃せないのが、親の万が一の時の保険料免除ですよね。

あまり考えたくないことですが、可能性はゼロではありません。
子供のためにも、万が一があっても十分な備えをしましょう。

ただ、こんなにメリットの大きい学資保険ですが、欠点が全くないわけではありません。
続いてデメリットも考えてみましょう。

学資保険のデメリット

(1)保障を大きくしてしまうと元本割れしてしまう場合がある

医療保障なども付いたタイプ(保障型学資保険)もあり、保障が充実するほど返戻率が下がります。

保障型の場合だと、元本割れをする場合も多いです。

(2)途中で解約してしまうと損をしてしまう場合がある

早期に解約すると、返戻率が大きく下がる場合が多いようです。



学資保険のデメリットは、ほぼこの2つ。
ですが、これらは事前の回避が可能なのです。

対応策→(1)保障を大きくしてしまうと元本割れしてしまう場合がある

元本割れの原因は、医療保障などの特約を付けすぎるからに他なりません。

ここで考えるべきは、学資保険特約の医療保障のコスパ。
冷静に考えて、専門の医療保険に比べるとどうしても中途半端な内容にとどまります。

子供に医療保障が必要か、十分に検討しましょう。
もし必要と判断した場合でも、当サイトでは共済などをコスパ的にオススメします。

策のキモ
「学資保険に医療保障は不要!」
「学資保険は徹底的に返戻率にこだわる!」

対応策→(2)途中で解約してしまうと損をしてしまう場合がある

一時的なお金のピンチなら、「契約者貸付制度」があります。

この制度は、払い込んだ保険料の一部を借りられるというもの。

また、月々の負担を軽くするためには払い込み期間を出来る限り長く設定しましょう。
子供が産まれたらすぐ加入する人が多いのもそのためです。

策のキモ
「学資保険は長期的視野でご準備を!」

 学資保険 どうしようか迷ったら?

学資保険かぁ・・・、ウチも子供が小さいうちに入った方が良いのかな?
でも、相談出来る人もいないし、保険屋さんに相談すると結局売り込まれそうだし・・・(TдT)

という方へ。

プロのFPによる、保険の無料相談サービスという選択肢もありますよ。


 保険相談サービス『保険コネクト』とは?

保険コネクトが安心なのは、

・提携FPが複数の保険商品を比較して提案
・経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ
・FPによるしつこい営業行為の禁止
・相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止
・保険への加入をご希望の場合のみご契約
・保険相談した人の約90%が満足と回答

これらがしっかり守られているから。

優秀で経験豊富なファイナンシャルプランナーが、押し売りナシに保険の相談に乗ってくれるんです。
相談相手がいない・・・という方にはオススメですよ。

↓保険コネクト公式ページ↓

メニュー

運営者情報

トップページ

Copyright© 2018 学資保険に加入するメリットとデメリットとは|子供の教育費. All rights reserved.