ファンケル内脂サポートの効果の秘密は○○が腸で△△だから

ファンケル内脂サポートの効果の秘密は○○が腸で△△だから

臨床試験済 BMI ファンケル 機能性表示食品 肥満 サプリメント ビフィズス菌 腸内環境 腸内フローラ 体重 体脂肪

内脂サポート

私たちのサイトへようこそ。

こちらへ来られたということは、あなたご自身、あるいはご主人のBMIが高めでお悩みのこととお見受けします。
それと、ファンケルの新しいサプリメント、BMI改善の機能性表示食品<内脂サポート>が気になるけど・・・とお悩み状態・・ですよね(^_^;)。

この記事では、ファンケル公式サイトがなぜか書き漏らしている<内脂サポート> の効果の秘密についてお話したいと思います。

おさらい BMIサプリメント<内脂サポート>とは?

 
<内脂サポート>は、ビフィズス菌とグルコサミンの力で腸からBMIにアプローチする機能性補助食品です。

ファンケル公式サイトを既にご覧の方も多いでしょうから、サラッとお話しますね。

<内脂サポート>は、「腸内環境を良好にし、体重・体脂肪を減らす」ことで高めのBMIを改善する機能があることを、機能性補助食品として消費者庁に届け出済のサプリメント。

臨床試験でも、実際に体重・体脂肪の減少が確認されているとのこと。

・・・でも、そうは言ってももう少し具体的な内容も教えてもらわなきゃ、納得は出来ませんよね?
 なぜ腸内フローラを整えることが、体重・体脂肪を減らすことに繋がるのか?

 上の方でお話した、ファンケル公式サイトに書いていない効果の秘密とは何なのか?

について、これからお話していきたいと思います。

腸内フローラでダイエット?その仕組とは?

腸の中に色々な種類の細菌がいることは皆さんもご存知でしょう。

それら腸内細菌は、その特徴から「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分類されています。
それら3種類の腸内での様子が花の群生のように見えることから、「腸内フローラ」(フローラ=花畑)と呼ばれるのです。

ワシントン大学のジェフリー・ゴードン博士らが行ったマウス実験によると、肥満の人から集めた腸内細菌を移植したマウスは、痩せている人から集めた腸内細菌を移植したマウスよりも体重や体脂肪の増加がみられたとのこと。

この実験から、腸内フローラと肥満の因果関係が見出されたのです。

腸内フローラと肥満の因果関係?もっと詳しく!

テレビの大食い系企画では常に第一線で活躍中のギャル曽根さん。

あんなに思う存分食べてるのに、自分よりスマートな体型を維持しているのが本当にうらやましい。
ワタクシ個人的には嫉妬しちゃうレベルです(TдT)

でもなぜ、ギャル曽根さんは太らないの?
どんな体の構造してるワケ??
と、不思議に思って調べてみました。
すると驚きの理由がΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

ギャル曽根の秘密は、ミラクルレベルのビフィズス菌!

ある番組の企画で、ギャル曽根さんの腸内細菌の検査をしたところ・・・、
なんと腸内全細菌に占めるビフィズス菌の割合が、驚きの50%!

一般的な成人女性の数値が10~15%であることを考えると、もはやミラクルレベル。

・・・って、あれ?
ビフィズス菌が多いと、どんな良いことが起こるんだろう?

ビフィズス菌が腸内に多い人は太りにくく痩せやすい!

 ダイエッターの味方 短鎖脂肪酸

脂肪という文字を見ただけで太りそうですが、そんなことはありません。
簡単に言ってしまうと、短鎖脂肪酸の効果は2つ。

 全身の脂肪細胞に働きかけ、脂肪の取り込みをセーブさせる
 筋肉に働きかけて、脂肪を燃焼させる

太りにくく痩せやすい体作りをしてくれるんですね!
じゃぁサプリメントで短鎖脂肪酸を摂ればオッケー??

残念ながら、短鎖脂肪酸は直接外部から取り入れることは出来ません(´・ω・`)

でも、安心して下さい。
「短鎖脂肪酸」を増やすことは出来ます。
それをしてくれるのが、そう、ビフィズス菌。
もし、ビフィズス菌があなたの腸で不足していても大丈夫!
ビフィズス菌なら、良いサプリメントを飲むことで、生きたまま腸まで届けることが可能です。


太りにくく痩せやすい人の腸内には、ビフィズス菌がいっぱい。
そうじゃない人は、サプリを活用して腸内のビフィズス菌を増やしましょう!

公式サイトに書いていない<内脂サポート>効果の秘密とは?

当サイトが<内脂サポート>をオススメしている理由、おわかり頂けたでしょうか?
なかなか理想的な食生活を送りにくい私たちにとっては、唯一の選択肢と言ってもいいでしょう。

以上が、
 なぜ腸内フローラを整えることが、体重・体脂肪を減らすことに繋がるのか?の答え。

では、最初に示したもう一つのポイント。

 ファンケル公式サイトに書いていない効果の秘密とは何なのか?

の答えは何だと思いますか?

ビフィズス菌はどれも同じではないという事実

私たちが<内脂サポート>で注目している成分が、

この<内脂サポート>3大機能成分のひとつ、ビフィズス菌B-3

ファンケル公式サイトではサラッとしか扱われていませんが、これがスゴイんです( ̄ー ̄)。

ビフィズス菌B-3が持つ、もう一つの顔とは?

B-3も他のビフィズス菌同様、短鎖脂肪酸を生み出すという仕事はキッチリと行います。
が、それはあくまで表のカオ。

B-3は、B-3ならではのもう一つの顔があるんです。
それが・・・・、
ファンケル公式サイトにも書いてある通り、腸管のバリア機能を強化する働きをするということ。

『公式サイトに書いてない秘密・・・って、思いっきり書いてあるじゃないかーーヽ(`Д´)ノプンプン』

うわぁぁぁあ、す・・すいません(@_@;)
公式サイトには確かに、腸管のバリア機能を強化する・・・とは書いてあります。
でも、そのバリアが何から身体を守るもので、その結果どうなるか?が残念ながらファンケル公式サイトに書いてないんです・・・というお話だったんです。

ビフィズス菌B-3のバリア強化は私たちダイエッターに何をもたらすのか?

腸の内部は、完全密封されているわけではありません。
脂肪を摂りすぎると、腸管のバリア機能が損傷し、極小の隙間から出て欲しくない物質が腸外に出てしまうのです。

この図で腸外に飛び出しているのは、細胞に炎症を起こさせる物質(LPS)

脂肪細胞の太りやすさが、この炎症と密接な関係にあることがわかりました。
肥満の大きな原因の一つは、脂肪細胞の慢性的な炎症にあったんです。

ダイエッターにとって腸大事・・いや超大事な腸管のバリア機能を復活させてくれるビフィズス菌B-3の能力。

なぜ、ファンケル公式サイトでちゃんと説明しないのか、意味不明なので当サイトで紹介してみました(^_^;)。
本当にスゴイサプリだと思いますよ、コレ。

ファンケル<内脂サポート>まとめ

ファンケル<内脂サポート>効果の秘密、おわかり頂けたことと思います。
一度ファンケル公式サイトをご覧になった人も、もう一度見直すことをオススメします。

また新しい発見があるかも知れませんよ(#^^#)

↓公式サイト↓
内脂サポート
内脂サポート

 

メニュー

運営者情報

トップページ

Copyright© 2018 ファンケル内脂サポートの効果の秘密は○○が腸で△△だから. All rights reserved.