【発芽酵素玄米】なでしこ健康生活シンプル簡単正しい使い方

【発芽酵素玄米】なでしこ健康生活シンプル簡単正しい使い方

発芽酵素玄米 なでしこ健康生活 簡単 使い方 寝かせ玄米 炊飯器

なでしこ健康生活

はじめに

私たちのサイトへお越し頂き、ありがとうざいます。

『なでしこ健康生活』は、業界最高1.8気圧の超高圧炊飯で話題の「発芽酵素玄米」・「寝かせ玄米」を簡単で手軽にご家庭で味わえる炊飯器として話題の一品。

美容や健康に意識の高い女性達の圧倒的支持をうけて、美スト、クロワッサン、ヴァンサンカンなど多くの雑誌でも取り上げられ、多くの女優やモデル、プロアスリートの方々も愛用しているそうです。

私たちもこれまで、いくつかのサイトでこの『なでしこ健康生活』をオススメしてきました。
ですが、最近行われたフルモデルチェンジ以降、ポツポツとこんな声が・・・。

65歳主婦 M・Kさん

友達に勧められて、「発芽酵素玄米」が自宅で作れるという『なでしこ健康生活』をインターネットで見てみたんです。

でも何だか私には難しいことばっかり書いてあるし、機能も豊富にありすぎな感じで・・正直買っても使いこなせるかどうか不安になってしまいました・・。

健康に良いって話題の「発芽酵素玄米」を自宅で作ってお父さんと食べたかっただけなんですけど・・これを買えば出来るんですよね?
それすらも不安になっちゃって・・・・。

なでしこ健康生活 ホームページのわかりにくさが 玉にキズ?

『なでしこ健康生活』は国内メーカーの(株)ジーエムピージャパンが製造し、公式ホームページを中心に販売を行っています。

そのためなのか、悪く言ってしまうと技術自慢的な情報量の多すぎるホームページになってしまっているのかも知れません。

機械や電化製品が不慣れな方、特に女性にはちょっと難しすぎるページですよね。

ですから、こちらのページでは肝心要の「発芽酵素玄米」を『なでしこ健康生活』で作るにはどうすれば良いのか?
そちらをクローズアップしてお話したいと思います。

『なでしこ健康生活』で「発芽酵素玄米」を作る!

まず確認!「発芽酵素玄米」は作れますよね?

もちろん作れます!

というより、

普通の玄米を適切な温度コントロールで発芽させ、

発芽後、全自動で美味しく炊飯し、

69~80℃で圧力保温し、発酵させ「発芽酵素玄米」へと育てる。

ここまでの工程を自動で出来るのは、『なでしこ健康生活』だけです(メーカー発表)。
※3番めの工程 発酵中は1日1回かきまぜる必要があります。

『なでしこ健康生活』本体以外に必要なものは?

玄米 小豆 塩 ※なでしこ式の場合

当然ですが、玄米は普通の玄米をご用意下さい。
『なでしこ健康生活』は、玄米を釜の中で発芽させられる炊飯器です。

一口メモ 自家発芽でこれだけ変わる玄米の値段

玄米と発芽玄米の価格差はどのくらいあるでしょうか?
比較のため、楽天市場で玄米・発芽玄米それぞれの売り上げランキング1位同士を比較してみます。
(データは当記事作成時点のもの)

玄米のお値段


楽天市場でランキング1位だった玄米です。
30kg 11,000円(消費税・送料込)
1kgあたり、約367円です。

発芽玄米のお値段

こちらは楽天市場でランキング1位だった発芽玄米です。
4.5kg 4,480円(消費税・送料込)
1kgあたり、約996円でした。

約367円(玄米)VS 約996円(発芽玄米)

それぞれにもっと安いもの・高いものとあるでしょうが、相場はお分かり頂けるでしょう。
毎日食べるもの(食べて欲しいもの)ですし、その差は歴然と言えますね。

さあ、作りましょう!

作り方自体は、公式販売ページにわかりやすい図が掲載されております。

ちなみに上の方でご意見を伺ったM・Kさんは、この図をもっとわかりやすいところに載せてくれてたら迷わなかったのに!と少々ご立腹でした(^_^;)

なでしこ式玄米酵素ご飯の作り方まとめ

いかがだったでしょうか?

作り方をもう一度簡単に言うと、

材料(玄米・小豆・塩)を準備

説明の手順どおりにゆっくり落ち着いて調理

以上です。

とっても簡単ですよね(*^^*)

これなら、機械音痴の私にも毎日続けられそう。
毎日続ければ、さらに簡単に作れるでしょうし。

お得情報

ただいま公式販売ページで、お得な選べるプレゼントキャンペーンを実施中だそうです。
よろしかったらチェックしてみて下さいませ。

それでは最後までお付き合い頂き、ありがとうざいました。

『なでしこ健康生活』紹介動画はこちら

↓公式販売ページ↓
販売累計5万台突破!
なでしこ健康生活

メニュー

運営者情報

トップページ

Copyright© 2018 【発芽酵素玄米】なでしこ健康生活シンプル簡単正しい使い方. All rights reserved.